LIFE

LIFE

これからは即決できると思ったできごと

先日髪を切りに行ったら、リースを頼まれたので作ることにしました。 リースを作ったことはないんですが、自然な感じで言われたので、なんだかこちらも流れるようにOKしてました。来月のカットのときにはリースをおさめることになっています。 これから素材を集めて試作していきます。 どんなものができるか私もわからないけど、気に入ってもらえるかな? でもこういう季節のお楽しみごとって何だか気持ちが充実しますね。 どんなに小さなことでも、ふと拾い上げて一緒に楽しめることがうれしくなります。
LIFE

やりたいことして、食べていくときに持つといい視点

久しぶりにビジネス本読みました。 あまり期待していなかったけど、読んでよかったです。 読み終わってから23才で起業してからの自分を振り返るいい機会になりました。 ぼんやりしていたものが、中田さんが提示していた視線のおかげでクッキリ見渡すことができました。 本のタイトル通り これからやりたいことして食べていきたい方、 すでにやりたいことはしているけど食べていけてない方(楽しくない方) やりたいことをして食べていけてる方でも、視界が今よりクリアになると思います。 特によかったと思うところを要約しますね。 仕事はすべてこの構図でできています
LIFE

移住のススメ お水編

先日大雨が降ってから少し水が濁り、それから半日で井戸が枯れてしまうようになりました。 どうやらどこかで水漏れがあるようです。 築100年超えの広い広い古民家に越してきて8年目、いつか起こるかもしれないと思っていたことが起きたのかもしれません。 移住というほどの距離を移動したわけではないのですが、移住するときにまず考えたのがお水のことでした。 移住って通勤や結婚のために住まいを決めるわけではないので、これからどんな暮らしをするのか?を実現できるところを選ぶことです。 環境がよかったり、暮らしやすかったりいろいろあるけれど、私は「お水の確保」が結構上位にありました。
LIFE

あんこ道に突入しました。

営業職のときに何が困っていたかってお客様宅で「あんこもの」が出されることでした。 特に羊羹と最中の食べづらさはいまだに覚えているくらいです。 それくらい「あんこ」と距離があったのですが、ここ数年たまにあずきを炊くようになりました。あんこ好きな方がうれしそうに言う「粒あんよりこしあん」とか「あんぱんは粒あん」とか「どこどこ和菓子屋のあんこが自分的に最高!」のような好みはないし、あんこの美味しさもまだよくわからないまま炊いています。
LIFE

グルテンフリーから考えたこと

今グルテンフリーをやっています。毎日の食生活をもっと意識的に自分にとっていいものに変えていけたらいいなと思っています。「食べる」という欲と不確かな栄養の知識に惑わされずに自分の体感を信じてみたい。そして自分の体にさらなる信頼を寄せたい。そんなイメージを持っているグルテンフリーから考えたことをまとめます。
キッチン

ぴったりは気持ちがいい

「ぴったり」することは気持ちがいいものですよね。すきまなく合うさまという意味からも棚にぴったりものが収まったりすると気持ちが良くてすっきりします。おにぎりがぴったり同じ大きさに握れたり、今晩食べたくなったメニューの材料が冷蔵庫の中にぴったりあったときとか。私にとっては食の関係でときめくぴったりが多いようです。
LIFE

おばさんになりたくないなと思ってやめました。

会っても(時間もお金も使ってる)毎回マウントしてくる人、毎回会った後(時間もお金も使ってる)に空しい感じが残る人などの付き合いをやめました。
食材を手に入れる

わかめを取りに行ってきました。

春の満月の日にわかめをとりに行きました。今は山の頂上付近に住んでいますが、海の近くでそだったのでわかめは大好きだし、意識しなくてもいくらでもいただける食材だったのですが、山暮らしになると違ってきます。特に今年は旬の生のわかめが恋しくてはりきって行ってきました。
タイトルとURLをコピーしました