お盆を迎えるのに心がけていること2つ

霊性を高める

そろそろお盆がきますね。

お盆を迎えるにあたって私はいつも2つのことを気を付けるようにしています。

今日はきっかけになった体験をお話ししながら、お盆準備をしたいと思います。

8月13日に夢を見た。

一つ目のきっかけは夢です。

今借りて住んでいる家は築120年くらいなんですが、越してきて初めてのお盆を迎えた8月13日に夢を見ました。

夢でもやはり13日の早朝の設定で、124人の人が庭にいました。

その124人の方はどうやらこの家の歴代のご先祖様らしく(なんとなく伝わってきた)生きてきた時代もそれぞれのようで着ているものも時代が出てました。

なぜか皆さま座布団を手に持っていて、その座布団に番号がふってあり124人ということがわかりました。

しかもその座布団、住んでいる古民家に50枚以上あった座布団と同じでものでした!(やはりこの家のご先祖様にちがいない)

お盆に帰ってきたものの、知らない人の家になっているので124人の方が困惑している雰囲気でした。

しかも、「犬がいるんで勝手に門を開けないでください!」とこれまた私が見ず知らずの方々にきつく言ってる始末。

(えらそーで、も、申し訳ございません。。)

そうこうしていたら124人の方が座布団を胸に方々へ飛んで行きました。(感覚的にそれぞれの子孫のところに行ったみたいです)
まぁ夢なんですが、家を借りて困惑させてしまったことよりも、「あぁ、だからお盆は草はきれいにしておくんだな」と思ったんです。
そこ??そこです。その年、忙しくて疲労困憊で草とりができず、草が茂っていたので夢の後なんだか妙にそのことが気になりました。

いや、でも本当に、ご先祖様って帰ってくるんだ!!と驚きました。(そこ??)

さんざんスピリチュアルなこともやってきたけど私は神社の方だし、神社でもこっちだし、あっちだしで、あまり「ご先祖様」って漠然とした言葉だけというか、イメージだけというか、実感としてなかったんです。お仏壇のない家でしたし。

でも夢をきっかけに「帰ってくるご先祖様がびっくりしないように(他人だけど)草くらいは方づけておこうかな」とできる限りは片づけておくようになりました。

あれ以来この家のご先祖様の夢は見ていません。

8月13日に目が覚めた。

ある年のことですが、5月に祖母が亡くなり、初盆のやはり8月13日の早朝に寝ていたら「うっ!苦しい」と何かが乗っかってきた重みで目が覚めました。

特に気にしていなかったのですが、「ごはん何食べたい?」と聞かれたら「ラーメン!」と即答する自分に、もしかして・・・「おばあちゃん??(いるの?)」

それには返事はないくせに「ギョーザも!!」と口走る私。

これで祖母がいる決定!(祖母はギョーザが好きなんです。私はあまり好きでない)

「おばあちゃん?(私の体をつかって食べても)いいけど、あまり無茶に食べたら私がしんどくなってイヤだからね!」と釘をさしておきました。

ラーメン屋さんに行き、野菜たっぷりのラーメンと餃子を1人前いただき「これで祖母も満足しているだろう」と帰り道にコンビニに通りかかったときに「なんでもいいからあんこ!!」とすごい勢いで口走る私、いや祖母。。。

コンビニで確か4個入りの柏餅を買って、食べました(祖母が・・)

翌日、ひどい胃もたれに違いないと目が覚めたら、それは全くなくて拍子抜けしました。
やはりあれは祖母が食べていたんでしょうね。
それからしばらくして亡くなった方は初盆をとても楽しみにしていて、その楽しみというのは帰って好物を食べること。あちらの世界で不足があるわけではないけれど、食べる楽しみというのは特別なもの、だから好物を用意してあげるととても喜んでいるという話を聞き深く納得しました。
年数が経てばだんだん食べたい欲もなくなるそうです。
お盆に何か無性に食べたくなったら是非食べる供養と思ってやってみてくださいね。

今年は「無性に」というほどではないけど先手必勝?であんこの入ったシュークリームを買って、家にあった水まんじゅう用のこしあんも合わせて食べておきました。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました